バックナンバー

2020/01/31 新型コロナウイルスによる肺炎で、中国政府は31日、中国本土の死者が213人、感染者が9692人になったと発表した。感染者が世界全体で1万人を超えるのは確実な勢い。中国外務省は31日、世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言を受け即座に国際社会との協調姿勢を示す談話を公表、封じ込め難航に危機感をにじませた。 中国国家衛生健康委員会の31日の発表によると、30日に死者が43人、感染者が1982人増えた。感染者数は中国だけで2002~03年に世界で大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の8096人を上回った。
2020/01/31 世界保健機関(WHO)は30日、中国で発生した新型コロナウイルスについて、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。WHOによる同宣言はまれで、発令によりウイルスの拡大防止に向けた国際協力態勢が改善する可能性がある。
2020/01/31 台湾の蔡英文総統は30日、台北の総統府で開いた記者会見で、台湾が世界保健機関(WHO)に参加する必要性に、安倍晋三首相が言及したことについて、「大きな励ましだ」と述べて謝意を示した。 蔡氏は「米国、日本、カナダが台湾のWHO加入への支持を公にしている」として、「これらの国に感謝する」と述べた。蔡氏は「台湾は武漢肺炎の防疫の第一線であり、WHOの参加者になる必要がある」と強調した。
2020/01/30 1936年12月、東北軍の張学良は西安で蔣介石を軟禁し、共産党との内戦の停止、国共合作を強く求めた。蔣介石はやむなく国共内戦を停止した。この西安事件によって中国国民党と中国共産党の提携の端緒が生まれ、日中戦争勃発を受けて1937年9月に第2次国共合作が成立することとなる。国民党軍、共産党軍は抗日民族統一戦線を結成し、一致して日本軍の侵略に対して抵抗することとなり、共産党指揮下の紅軍は国民党軍に編入されて八路軍と称し、抗日戦の主力となった。日本政府および日本軍はこの事実を無視、あるいは過小評価したと言わざるを得ない。
2020/01/30  「蔣介石、監禁される!」というショッキングな西安事件を世界で最初に報道したのは日本の共同通信の記者として上海にいた松本重治だった。松本はテニス仲間の中国人から西安事件の一報を知り、東京本社に打電した。中国政府は外電を禁止したが、共同通信は非合法の無線を持っていた。松本のスクープは東京から全世界に発信された。そのため、西安事件は日本の陰謀ではないか、とも疑われたという。共同通信は直後に別な記者が「蔣介石殺害される」という誤報も配信してしまった。
2020/01/30 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は28日、イスラエルとパレスチナの中東和平案を発表した。欧州各国や国連(UN)は消極的な反応を示した一方で、主要イスラム国家からはパレスチナに対する裏切りだと怒りの声が上がっている。中東和平案に対する反応をまとめた。■パレスチナ自治政府 パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス(Mahmud Abbas)議長は、ヨルダン川西岸(West Bank)のラマラ(Ramallah)で各派閥や組織と会議を行った後、「いかなる形でもこの案に反対する」と表明した。
2020/01/30 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の死者は29日、四川省でも初めて1人が確認され、国内で計133人に達した。感染者は6000人を超えた。2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)と比べ、国内感染者数で既に上回り、当時の全世界の感染者数も突破する勢いだ。 SARSは02年11月に中国南部の広東省で発生し、情報が隠され03年に表面化するまで香港などに拡散。世界保健機関(WHO)によると、同7月の終息宣言まで世界の感染者は中国本土の5327人を含む8000人余りに上った。死者は世界で800人以上、うち中国で300人以上で、感染者の死亡率は10%程度だったとされる。 国家衛生健康委員会の専門家・曽光氏は中国メディアの取材に「病例数でパニックになる必要はない」と指摘した。「SARSは重症が多く(1人が多数に感染させる)『スーパースプレッダー』が出現し、院内感染も著しかった」と解説。SARSに比べれば新型肺炎は症状が軽いと強調し、冷静な対応を求めた。  ただ「人から人」の感染拡大をうかがわせる事例は後を絶たない。安徽省からの報道では、生後8カ月の乳児を含む1家6人全員が感染したほか、同じ会合に集まった20代の若者6人が集団感染した。最長14日とされる潜伏期間に、自覚症状がない感染者がウイルスを広める危険性が指摘されている。      
2020/01/29 2008年9月、マクロンは監査官を辞め、ロスチャイルド&Cie銀行(Rothschild & Cie Banque)に勤めた。ニコラス・サルコジが大統領に選出されたために政府関係の職から離れたといわれる。ロスチャイルド&Cie銀行での彼の最初の仕事はCréditMutuel Nord Europeによる消費者金融会社コフディスの買収支援だった[17]。 マクロンはル・モンド紙の監督委員会を務める実業家アラン・マンク(英語版)と関係を結んだ[18]。 2010年、マクロンはル・モンド紙の資本増強とアトス社によるシ―メンズITソリューション&サービスの買収に関わったあと、ロスチャイルド&Cie銀行と提携するよう彼を促した。同年、マクロンはマネージングディレクターに任命され、ネスレが乳幼児飲料を中心としたファイザーの最大の子会社の買収を担当した。この総額90億ユーロにものぼる取引での分担金により、マクロンは億万長者となった[19]。 マクロンは2010年12月から2012年5月の間に200万ユーロを稼いだと述べた[20][21]。公式文書によれば、2009年から2013年の間にマクロンはおよそ300万ユーロを稼いでいたとされる。 オランド政権[編集]
2020/01/29 1977年12月21日、神経学者である父ジャン=ミシェル・マクロンと、医師である母フランソワーズ・マクロン=ノゲスの息子として生まれる。父と母は2010年に離婚している。 夫婦の最初の子供は死産した[3]。弟に1979年生まれのロラン、妹に1982年生まれのエステルがおり、エマニュエルは3人兄弟の長男である。非宗教的な家庭で育ったマクロンは、12歳のとき、自らの要求でローマ・カトリックの洗礼を受けた。現在は不可知論者であるとされる[4]。 マクロン家の先祖は、フランス北部オー=ド=フランスのオーティ村にさかのぼる[5]。マクロンの父方の祖母の父(曾祖父)は英国人でイングランドのブリストルで生まれた[6]。母方の祖父母はピレネーの麓の町バニェール=ド=ビゴールから来ている。マクロンは彼を「子猫ちゃん=Manette[7]」と呼ぶ祖母と会うため、バニェール=ド=ビゴールを訪れている。彼は祖母に読書の楽しさと左派的な政治傾向を教わった。祖母は駅長の父と母に慎ましく育てられ、教師となり中学校校長を務め、2013年に亡くなった。 地元のイエズス会系私立校ラ・プロヴィダンス高校(リセ・ラ・プロヴィダンス、Lycée la Providence à Amiens[8])在学中の1994年「コンクール・ジェネラル(Concours Général)」を受賞する。アミアン音楽学校ではピアノの学位を取得した。その後、現在の妻ブリジット・オジエールとの関係からリセ最後の1年をパリ5区の公立校アンリ4世高校(リセ・アンリ=キャトル、Lycée Henri-Ⅳ)で学ぶこととなった。バカロレアに合格後、そのまま同校グランゼコール準備級(CPGE)に進学。パリ高等師範学校を志望するも試験に2度失敗し[9]、パリ第10大学3回生に入学、ヘーゲル哲学に関する論文で学位を取得した。このころ、1999年から2000年にかけて歴史学教授フランソワ・ドッスの紹介で哲学の名誉教授ポール・リクールの著作執筆の編集助手を務め、リクールの大著『記憶、歴史、忘却』(2000年)の序言にはマクロンへの謝辞が記されている[10]。その後はパリ政治学院(シアンスポ)、国立行政学院(ENA)というフランスにおける官吏養成のエリートコースを卒業する。
2020/01/29 仏自動車大手のルノー(Renault)は28日、新たな最高経営責任者(CEO)に元フォルクスワーゲン(VW)幹部のルカ・デメオ(Luca De Meo)氏(52)が就任すると発表した。元CEOのカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告の逮捕以降、1年余りにわたって続く混乱からの立て直しを目指す。
2020/01/29 米富豪による少女への性的虐待事件を巡り、米連邦捜査局(FBI)などがエリザベス英女王の次男アンドルー王子(59)の聴取を要請したものの、王子からの協力を得られず実現していないことが27日、分かった。米メディアが捜査当局者の話として伝えた。 ヘンリー王子夫妻の公務引退で揺れる英王室にとって、アンドルー王子を巡るスキャンダルも頭痛の種となっている。アンドルー王子が関与した疑いが浮上しているのは、少女に対する性的虐待罪で米国で起訴され、勾留中の昨年8月に自殺した米富豪ジェフリー・エプスタイン被告による一連の事件。
2020/01/28 ナチス・ドイツがポーランドに設置したアウシュビッツ強制収容所が解放されてから75年となる27日、収容所跡地で記念式典が行われた。ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を生き延びた200人超の元収容者らや、約50カ国の政府代表が参加。生存者の代表が「蛮行を二度と起こさないでほしい」と呼び掛けた。 ポーランド出身のユダヤ人で、17歳の時にアウシュビッツに収容されたバシェバ・ダガンさん(94)は「ここに集まったすべての人がこの悲劇を忘れない責任を引き継ぎ、蛮行を二度と起こさないようにしてほしい」と訴えた。ポーランドのドゥダ大統領も「われわれは未来への責任を負っている」と述べ、悲劇を語り継いでいく姿勢を示した。 式典にはシュタインマイヤー独大統領ら各国元首も参加したが、被害者中心の式典とするため、政治家の演説はドゥダ氏のみだった。      
2020/01/27  安倍晋三首相は26日、平成24年の第2次内閣発足から丸5年を迎え、在職日数は第1次内閣時代を合わせ2193日となる。戦後の首相では佐藤栄作(2798日)、吉田茂(2616日)両氏に続く3位で、戦前を含めても歴代5位だ。安倍首相が来年9月末に任期満了を迎える自民党総裁選に出馬するのは確実で、当選した場合は歴代1位の桂太郎氏(2886日)を抜き、憲政史上最長の政権が視野に入る。
2020/01/27 近衛内閣(このえないかく)は、近衛文麿を内閣総理大臣とする戦前日本の内閣である。 第1次近衛内閣: 1937年(昭和12年)6月4日 - 1939年(昭和14年)1月5日 第2次近衛内閣: 1940年(昭和15年)7月22日 - 1941年(昭和16年)7月18日 第3次近衛内閣: 1941年(昭和16年)7月18日 - 1941年(昭和16年)10月18日
2020/01/27 ゾルゲ事件(ゾルゲじけん)は、リヒャルト・ゾルゲを頂点とするソ連のスパイ組織が日本国内で諜報活動および謀略活動を行っていたとして、1941年9月から1942年4月にかけて[1]その構成員が逮捕された事件。この組織の中には、近衛内閣のブレーンとして日中戦争を推進した元朝日新聞記者の尾崎秀実もいた。
2020/01/27 第3次桂内閣(だいさんじ かつらないかく)は、元老・内大臣兼侍従長の桂太郎が第15代内閣総理大臣に任命され、1912年(大正元年)12月21日から1913年(大正2年)2月20日まで続いた日本の内閣である。 在任期間は62日間で、東久邇宮内閣(54日間)に次いで史上第2位の短命内閣であるが、第1次と第2次を含めた場合、100年以上にわたって歴代内閣史上最長の在任期間であった。
2020/01/27 内閣総理大臣第15代 桂太郎成立年月日912年(大正元年)12月21日 終了年月日1913年(大正2年)2月20日(官僚内閣)閣(だいさんじ かつらないかく)は、元老・内大臣兼侍従長の桂太郎が第15代内閣総理大臣に任命され、1912年(大正元年)12月21日から1913年(大正2年)2月20日まで続いた日本の内閣である。 在任期間は62日間で、東久邇宮内閣(54日間)に次いで史上第2位の短命内閣であるが、第1次と第2次を含めた場合、100年以上にわたって歴代内閣史上最長の在任期間であった。
2020/01/27 新型コロナウイルスによる感染拡大を食い止めるべく、中国の2省と3都市の住民に対し、公共の場でのマスク着用が命じられた。 地元当局によると今回の措置は、同国南部の広東(Guangdong)省、中部の江西(Jiangxi)省、東部の南京(Nanjing)市、安徽(Anhui)省馬鞍山(Ma'anshan)市、河南(Henan)省信陽(Xinyang)市で発令された。 同国の工業情報省は、マスクの需要が急増したことを受け、「供給を増やすことに努力を惜しまない」としている。
2020/01/27 第2次大戦中、ナチス・ドイツが占領下のポーランド南部に開設し、ユダヤ人ら約110万人以上を虐殺したアウシュビッツ強制収容所が27日、ソ連軍による解放から75年を迎える。現地での追悼式典には生存者約200人やドイツのシュタインマイヤー大統領らが出席。生存者は年々減り、今回は多数が参加する最後の節目になるとみられる。アウシュビッツはポーランド南部オシフィエンチムにあり、1940年に開設された。ナチスはユダヤ人やロマ(ジプシー)、ポーランド人、ソ連軍捕虜ら約20カ国の人々を移送し、ガス室などで殺害した。犠牲者の9割がユダヤ人だった。
2020/01/25 仲小路廉の二男として、東京市赤坂区氷川町生まれ。1906年麻布区広尾町に移る。東京府立四中を経て、夏目漱石に憧れ五高入学。五高時代は、学業成績ではほぼ仲小路が一番、佐藤栄作が二番という順であった。その他に、池田勇人、浜口巌根らがいた。佐藤についてはのちの総理時代に私的なシンクタンクの役割を果たしていたとされている。1921年、東京帝国大学文学部哲学科入学、翌1922年、処女作『沙漠の光』はマホメットの生涯を描いた長編戯曲であり、当時ベストセラーとなる。1924年、東大哲学科卒業。この頃、父の廉が急逝した。体が弱かったため、就職せず、父親の財産で学究生活に入る[1]。1930年、小島威彦らと科学アカデミアを創立。同人に、佐々弘雄、三枝博音、飯島正、富沢有為男、唐木順三、渡辺一夫、服部之総ら。同年、伊藤吉之助編『岩波哲学小辞典』の執筆にも関わった。1940年、小島とともにスメラ学塾を開校。塾頭に末次信正海軍大将が就いた。のちのミッドウェー海戦前には、西進及び大東亜戦争の短期終結を軍上層部に訴え、終戦後、グローバリズム[2]の探求にあたった[3]。 思想系譜では新カント派に属する。大正末期から昭和にかけてのロマン主義運動(のち日本浪曼派)の時代空気のなか、大川周明と共に、戦前日本の国粋主義[4]者と規定され、その中心的存在の一人であったとされている。哲学的には、ヘーゲル的な観念弁証法体系(テーゼ)があり、このアンチテーゼとして唯物弁証法が位置づけられ、歴史的には同じくマルクス主義が該当する。これら一つだけでは不完全であり、この二つの矛盾・闘争を止揚するものとしてジンテーゼがあり、このジンテーゼで弁証法的発展が完結するが、このジンテーゼにある文明原理を一貫して探求。ヘーゲル流にいえば、“世界精神”を実現することであるが、普遍的価値を基礎とすることが文明的必然であることを示した[5]。 人物五高で同窓だった佐藤栄作は、仲小路について「独身主義者。一寸変ってるがすっかり白髪。今も尚変りもの。」と1969年の日記に記している[6]。

トップページに戻る

岩田 雅プロフィール

近影

佐渡市(旧金井町)出身
1946年生まれ
(東京都世田谷区在住)
元通信社論説委員
2010年日本ペンクラブ会員

国際評論集

  • 第1弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく」(2010年)
  • 第2弾「鬼太鼓の鬼 アジアをゆく」
  • 第3弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく―女王のいる共和国」
    (2011年)
  • 第4弾「時代を歩く―評伝。
    本間雅晴のころ」
    (2012年)
  • 第5弾「時代と生きる-
    みやこの西北・早稲田の杜」
    (2013年)
フェイスブック

↑ページの先頭へ戻る