バックナンバー

2019/06/30 板門店で初めて米朝首脳が会ったことは、米朝の仲介役を自負する韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとって「握手する姿だけでも非常に歴史的な出来事」と評価するほど喜ばしいことだったようだ。2月末の米朝首脳会談が物別れに終わって以来、文在寅政権の対北和解政策は行き詰まり、北朝鮮側からも「仲介役」であることを否定された。国際社会で相手にされない韓国では“韓国孤立論”という言葉さえ普通に飛び交っていた 板門店での米朝首脳の対面を前に、韓国の政府関係者やメディアは「南北米首脳会談」と称し、韓国の存在意義にこだわっていた。しかし、トランプ米大統領に同行した文氏は、前面には出ず、あくまでも脇役・仲介役に徹した。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とは短く言葉を交わし、米朝両首脳を笑顔で見守っていた。 トランプ氏と一緒に、金正恩氏を軍事境界線の北側に見送った文氏は「(北朝鮮の)非核化プロセスは一つの峠を越えた」と満足そうに語っている。文氏が評価したように、板門店から「歴史的な光景」が世界に発信されたことは事実だ。
2019/06/30 米国との貿易戦争を抱える中国の習近平国家主席は、「逆風」の中で20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に臨んだ。29日のトランプ米大統領との会談終了直後、中国国営メディアは「米国は対中追加関税を課さず」と一斉に速報。硬い表情が目立った習氏は、サミット閉幕時には笑みを浮かべて各国首脳と握手した。米国との妥協を許さない国内世論に向けて「外交勝利」を演出した。
2019/06/30 韓国を訪れているトランプ米大統領は30日午後、北朝鮮との間にある非武装地帯(DMZ)に到着した。軍事境界線の真上に位置する板門店(パンムンジョム)をまもなく訪れ、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と対面し、握手を交わす見通しだ。両首脳が直接顔を合わせるのは、昨年6月にシンガポールで、今年2月にベトナムで開かれた米朝首脳会談以来、3回目だ。トランプ氏が正恩氏と対面した際に軍事境界線を越えて北朝鮮側に入った場合、米国の現職大統領としては初めてとなる。
2019/06/30 イラン核合意の参加国、英独仏中ロ・欧州連合(EU)とイランの代表が28日、ウィーンで次官・局長級の会合を開き、米国の合意離脱と対イラン制裁の再発動で緊張が高まる中、対応を協議した。英独仏は、イランを経済的に支援する「貿易取引支援機関(INSTEX)」の稼働を始めたと伝えた。イランを核合意にとどめる切り札にしたいが、その力は未知数だ。
2019/06/29  韓国の文在寅大統領は29日、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の会合で朝鮮半島情勢に触れ「変わりない対話と交渉の意思を示し、朝鮮半島の完全な非核化と平和定着に向けた責任と役割を全うしている米国と日本、中ロに格別な謝意を表する」と述べた。文氏はまた、前提条件なしで日朝首脳会談を目指すとの安倍晋三首相の方針を例に挙げ「多様な対話と協力のチャンネルが機能すれば、平和が互いの安定と経済に役立ち、自国の利益になるという認識が広がるだろう」と語った。文氏は共同通信などとの書面インタビューで安倍氏の方針を「積極的に支持し協力する」と表明していた。
2019/06/29 フランスで28日、同国の観測史上初となる45度超の気温が記録された。欧州は異例の猛暑に見舞われており、各国で死者が出る事態となっている。
2019/06/29 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は29日午前、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開かれている大阪で会談し、米中の貿易問題などを協議した。 習氏は会談の冒頭、「両国の関係を協調と協力と安定に基づいて決めていきたい」と発言。トランプ氏は、「公平な貿易が築ければ歴史的なことだ」と応じた。 米国は中国に知的財産権保護などの構造改革を迫り、過去最大の対中制裁関税を準備している。米中両政府の貿易協議は5月上旬に事実上決裂した。今回の会談は、新たな関税の応酬を「休戦」させ、協議の再開で一致できるかが焦点となる。 トランプ氏は29日、会談に先立ち、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を討議で取り上げる方針を示した。
2019/06/29 複数のドイツ紙は28日、メルケル首相(64)が最近2度も公の場で体を震わせる事態が起きたことを受け、健康状態を不安視する記事を相次いで掲載した。メルケル氏は2005年の首相就任以来、健康面で目立った問題はなかったが、今回の騒動でさまざまな臆測が飛び交っている。メルケル氏は大阪での20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の日程を予定通りこなした。政府報道官はツイッターで各国首脳と会談するメルケル氏の姿を紹介。「大阪では積極的に活動した」と述べた。 ドイツ各紙は「首相はどれだけ病気なのか」「(健康問題で)早期退任の見立ても」などと報道。
2019/06/29 安倍晋三首相は28日の日米首脳会談で、米経済への日本の貢献度を強くアピールした。トランプ米大統領が日米安全保障体制への不満を漏らし始め、安保問題を絡めて対日赤字解消を迫ってくる展開を懸念したからだ。ただ、この作戦は懸案をひとまず先送りしたにすぎない。
2019/06/29 国連安全保障理事会は26日、イランの核開発に関する会合を開いた。欧州各国は、2015年の核合意以外に平和的で信頼ある枠組みはないと主張。これに対しイランは、核合意を順守する義務はもはやないと強調した。イランのラバンチ国連大使は「米国の核合意離脱と制裁再開により合意は完全に無効になった」と指摘。「イラン一国だけが核合意を維持する全ての義務を負うことはできないし、するつもりもない」と述べた。
2019/06/29 トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領は28日、大阪の主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)会場で会談した。両首脳の正式な会談は2016年のトランプ政権発足以来3度目で、昨年7月以来、約1年ぶり。冷戦後最悪とされる両国関係の改善を図ることで一致した。 会談の冒頭、トランプ氏は「貿易や軍縮、保護貿易主義など多くの議題がある」とし、米ロ関係について「たくさんの前向きなことが起きるだろう」と述べた。プーチン氏も「賛成しないわけにいかない」と応じた。ロシアのウシャコフ大統領補佐官は会談後、ロシア側がトランプ氏を来年5月の対独戦勝75年式典へ招待したと明らかにした。
2019/06/29 佐渡沖で取れた新鮮なナンバンエビをジェットフォイルと上越新幹線で運び、その日のうちに東京で販売する-。水産物の輸送時間の短縮と需要の掘り起こしを目指し、JR東日本の子会社などによる実験が始まった。寒暖の水が混じり多彩な魚介類が揚がる一方、首都圏への流通に課題を残す新潟県。佐渡市から約400キロ、約7時間の輸送を追い、高速物流の可能性を探った。
2019/06/29 独紙ツァイト(電子版)は27日、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に際して安倍晋三首相についての論評を掲載し、「国際政治の場で、みんなのお気に入りのようになっている」として、対立が深まる大国間の調停役に適任と評価した。論評は、「現在、各大国の調停役を担う首脳が必要とされるのなら、それはおそらく安倍(首相)だ」と指摘し、安倍氏はナショナリストとされるが、同時に多国間主義者でもあると解説。具体例として、米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)の妥結にこぎ着けたことや、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)締結を挙げた。
2019/06/28  28日午後2時25分ごろ、大阪市住之江区のG20大阪サミット主会場近くの芝生上で、男が煙が出る玉のようなものを置いて逃走した。現場には玉のようなものが三つあり、煙が出ていた。けが人はなく、大阪府警が男の行方を追っている。 府警によると、男は30~40代ぐらいの灰色のスーツ姿で、大阪メトロのニュートラムの高架下にある芝生でしゃがみ込んでいるのを、警戒中の府警の警察官が発見。声を掛けようとしたところ、逃げ去った。府警が詳しい状況を調べている。
2019/06/28 北朝鮮の対南宣伝サイト「わが民族同士」は28日、韓国の文在寅大統領が最近、朝鮮戦争(1950~53年)は「北の侵略」だったと述べたことなどを巡り、「まともな思考と精神がまひした者の奇怪な醜態だ」と非難した。北朝鮮は27日にも外務省北米局長談話で、米朝の非核化交渉について「当事者はわれわれと米国であり南朝鮮(韓国)当局が口出しする問題ではない」と文政権を批判した。トランプ米大統領が29~30日に訪韓するのを前に米韓の連携をけん制する狙いがありそうだ。文氏は24日、「北の侵略に打ち勝った」と語り、米軍の犠牲と米韓同盟をたたえた。    トピック 国際 ...G20に「香港の訴え」響かせたい! ...米政権の移民政策に日系人が抗議 ...米ロ、核軍縮協議を継続へ このトピックを見る 共同通信のラベル #国際
2019/06/28 ロシアのプーチン大統領は、米国や欧州でポピュリズム(大衆迎合主義)が広がっており、第2次大戦後に米欧社会が重視してきた自由主義的な思想は「意義を失い、時代遅れとなった」との認識を示した。英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)が27日、単独インタビュー記事を掲載した。 ロシアに約20年君臨するプーチン氏は西側の自由主義を否定することで、自らの強権的な体制を正当化する狙いがありそうだ。 プーチン氏はシリアなどから難民受け入れを決めたドイツのメルケル首相の決定を批判する一方で、メキシコからの移民の流入阻止を目指すトランプ米大統領を称賛した。
2019/06/28 先進国と新興国の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が28日、大阪市で開幕した。G20サミットの日本開催は初めて。初日は世界経済の課題を討議し、議長国の日本は貿易摩擦の続く米中対立の緩和をにらみ、自由貿易の推進で一致点を探る。環境では、各国が「2050年までにプラスチックごみの海への流出をゼロにする」との目標に合意する見通し。安倍晋三首相は、国境を越えた自由なデータ流通を実現させる協議の創設を提唱。経済のデジタル化への対応も柱となる。 招待を含めると会議には37の国や地域、機関が参加。首相による各国首脳の出迎えでスタート。29日午後に閉幕する。
2019/06/28 安倍晋三首相は27日、中国の習近平国家主席と大阪市で会談し、習氏が来春に国賓として日本を訪問する方針で一致した。首相が訪日を要請し、習氏は応じる考えを示した。来年3~4月が念頭にある。両首脳は日中関係が一時の対立状態から「正常な軌道に戻った」と確認。28日開幕の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)成功へ連携を図る方針も申し合わせた。習氏は20、21両日に北朝鮮を訪問した際、金正恩朝鮮労働党委員長に日朝関係に関する日本の立場を伝えたと説明した。首相に対し、日本人拉致問題を含め、日朝関係改善に強い支持を表明した。西村康稔官房副長官が明らかにした。
2019/06/28 トランプ米大統領は27日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に出席するため大統領専用機で伊丹空港に到着した。大阪市内のホテルでモリソン豪首相と会談し、3日間の滞在日程をスタートさせた。会談冒頭、日本や豪州との関係について「とてもよく面倒をみてきた」と発言。「巨額の貿易赤字を抱え、軍事面でも助けている」と述べ、貿易、安全保障両面で同盟国との関係が片務的との主張を繰り返した。トランプ氏は今回のサミットに合わせて、少なくとも9カ国の首脳と個別に会談する予定。一連の会談を通じ日本など同盟国に対し、駐留米軍経費のさらなる負担や貿易不均衡是正を求め圧力をかける狙いがある。28日に開幕するサミットについて「重要な2日間になる」と語った。トランプ氏は29日までの滞在中、中国の習近平国家主席と会談、報復関税措置を繰り返す貿易戦争状態の収束を目指すほか、ロシアのプーチン大統領、サウジアラビアのムハンマド皇太子、トルコのエルドアン大統領らと相次ぎ会談する。【高本耕太】
2019/06/28 ドイツのメルケル首相(64)が27日、ベルリンでの式典に出席した際、上半身を繰り返し震わせる事態が起きた。程なく調子を取り戻したが、18日にも別の式典で体を何度も震わせる状況が発生しており、健康への懸念が高まりそうだ。27日に予定通り、大阪での20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に向け出発する。メルケル氏はこの日、ランブレヒト法相の任命式に出席した。シュタインマイヤー大統領の隣に立っていた際、上半身が小刻みに震え始め、体勢を保とうと両手を体の前で組むなどしたが、震えは続いた。水入りのコップを渡されたものの、飲まなかった。

トップページに戻る

岩田 雅プロフィール

近影

佐渡市(旧金井町)出身
1946年生まれ
(東京都世田谷区在住)
元通信社論説委員
2010年日本ペンクラブ会員

国際評論集

  • 第1弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく」(2010年)
  • 第2弾「鬼太鼓の鬼 アジアをゆく」
  • 第3弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく―女王のいる共和国」
    (2011年)
  • 第4弾「時代を歩く―評伝。
    本間雅晴のころ」
    (2012年)
  • 第5弾「時代と生きる-
    みやこの西北・早稲田の杜」
    (2013年)
フェイスブック

↑ページの先頭へ戻る