バックナンバー

 
 
 
 
 
 
2019/04/21 <超要約>アメリカのべネディクトという女性学者が、第二次大戦前に、 日本文化の特有な所や日本人特有の精神構造などを鋭く分析した書物。 「恥の文化」や「精神主義」などを歴史的考察を含めて解明している。 ※なお、全体としては、 世間から、周りから仲間外れにされることへの恐怖心が、 日本人に積極的で自発的な行動を抑止している真の原因である というのが筆者の主張の核心。 news
2019/04/21 『菊と刀』は、第二次世界大戦終盤から戦後間もない頃にアメリカの文化人類学者であるベネディクトによって執筆された『日本人論』である。to 書かれてから60年以上経ったいまでも、「この本を超える日本人論はない」と言われる名著である。 news
2019/04/21  天皇陛下が「身体の衰え」を訴え、退位の意向をにじませた2016年8月のビデオメッセージから2年8カ月余。陛下のお気持ちは高齢化社会に直面している日本国民の共感を集め、あと10日で、約200年ぶりとなる天皇退位が実現する運びとなった。ただ、今回の退位は法的には一代限り。「その次」はどうなるのか。  「兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです」一昨年6月、天皇陛下の退位を実現する特例法が成立した後、秋篠宮さまが皇位継承についてこう語るのを関係者は聞いた。当事者として、高齢で即位する難しさを指摘した形だ。代替わり後、秋篠宮さまは皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となる。「天皇になることを強く意識している」という皇室研究者の見方が報じられると、「そんなこと思ったことがない」と打ち消す発言もあったという。近代以降、天皇は終身在位制となり、逝去すれば疑問の余地なく、皇室典範で定められた次の皇位継承者にバトンが回ってきた。だが今回、高齢を理由とした退位が認められたことで、タブー視されてきた「即位辞退」の可否もが議論の俎上(そじょう)にのぼり出した。 2月27日、衆議院予算委員会第1分科会。国民民主党の津村啓介氏は「皇嗣の地位にある方が、世代が近い、高齢などを理由に皇位の継承を望まない意思を公に表明した場合、皇室典範の中でどう解されるのか」と疑問をぶつけた。皇室典範は、皇位継承者の意思による即位辞退を想定していない。宮内庁の西村泰彦次長は「仮定を前提にした質問」として回答を控えたが、津村氏は、皇太子さまと秋篠宮さまが同世代であることを踏まえ、「決して非現実的な想定だと思っていない。国の根幹に関わる部分について、さまざまな内部検討をお願いしておきたい」と訴えた。 しかし、保守派からは異論もある。麗沢大学の八木秀次教授(憲法学)は「退位の実現は皇室を危機にさらすパンドラの箱。将来的な即位辞退をも認めることにつながれば皇統を揺るがしかねない」と危惧する。かねて(1)短期間での退位や即位拒否を容認する余地を生み皇位継承を不安定化させる(2)退位が政治的に利用されかねない――と退位そのものに反対してきた。 news
2019/04/19 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者の妻キャロルさんは17日、米紙ワシントン・ポスト(電子版)に意見記事を寄せて「トランプ大統領から安倍晋三首相に対し、夫を保釈するよう促してほしい」と訴えた。 キャロルさんは、再逮捕された夫が再び独房に入り、弁護士の同席なしに長時間の尋問に耐えている窮状を説明。「大統領、どうか不当な扱いをやめるよう首相に頼んでください」と懇願し、今月下旬に訪米する安倍首相への働き掛けを求めた。キャロルさんは米市民権を持っている。 4日にゴーン容疑者が再逮捕された際、キャロルさんも都内のマンションに一緒にいて自身の携帯電話やパスポートなどを押収された。記事の中で「容疑者でもない私が犯罪者扱いされた」「米国で守られる権利が日本に存在しないことに恐怖を覚えている」などと日本の司法制度を強く非難した。  news
2019/04/19 台湾の中央気象局によると、18日午後1時(日本時間同2時)ごろ、台湾東部花蓮県を震源とするマグニチュード(M)6.1の地震があった。震源の深さは約19キロ。台湾政府の発表によると、花蓮県で観光客ら2人が落石により負傷、北部の台北市や新北市内でも落下物に当たるなどして15人が軽傷を負った。 日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所によると、今のところ日本人が被害にあったとの情報はない。 news
2019/04/18 ペルーのアラン・ガルシア(Alan Garcia)元大統領(69)が17日、収賄の疑いで逮捕される直前に自宅で銃を使って自らの頭部を撃ち、搬送先の病院で死亡した。APRA党のオマル・ケサダ(Omar Quesada)幹事長が明らかにした。 news
2019/04/17  パリにある世界的な観光名所として知られ、ユネスコ(国連教育科学文化機関)世界文化遺産のノートルダム大聖堂で15日午後7時(日本時間16日午前2時)ごろ火災が発生し、8時間以上、炎上した。大半の屋根が焼失し、円天井の一部が崩落。高さ96メートルの尖塔(せんとう)が焼け落ちた。8世紀以上にわたり、世界史の重要な場面や文学作品の舞台となり、パリを象徴してきた大聖堂は、大打撃を受けた。 高さ約70メートルの正面の塔は崩落を免れるなど、骨格そのものは、多くが維持された。出火元とみられる尖塔付近は、改修工事のために足場が組まれていた。パリ検察は16日、「失火の可能性が高い」と明らかにした。出火当日は15人ほどが現場で作業したといい、作業員から話を聴く方針だ。 フランスのマクロン大統領は15日夜、現場を訪ねて「我々は大聖堂を再建する」と語り、国際的な協力を呼びかけた。政府は16日の関係閣僚会議で、再建に向けた議論を始めた。 news
2019/04/16 仏ルノーのカルロス・ゴーン前会長兼最高経営責任者(CEO)は3000ユーロ(約38万円)のスクーター代金を同社に不適切に請求していた疑惑が事情に詳しい複数の関係者の話で明らかになった。日本で会社法違反(特別背任)の容疑で再逮捕されたゴーン前会長に新たな嫌疑が浮上した。 news
2019/04/15 世界保健機関(WHO)は14日、リビアの軍事組織「リビア国民軍(LNA)」が首都奪取を目指して攻勢を掛けて以降、首都付近で発生した戦闘により、これまでに121人が死亡、561人が負傷したと発表した。 WHOのリビア担当者は、ツイッター(Twitter)を通じた発表で、トリポリに医療物資を輸送し、職員も増員しているとした上で、4日に衝突が始まって以降、LNAは繰り返し医療スタッフや車両を攻撃していると非難した。 元国軍将校の有力者ハリファ・ハフタル(Khalifa Haftar)司令官が率い、リビア東部一帯を支配するLNAは、国連(UN)の支持を受け、トリポリを本拠とする国民合意政府(GNA)側の部隊との戦闘中止を求める国際社会の呼び掛けに応じていない。 news
2019/04/14 きれい好きと言っても人それぞれ程度に違いがあるが、清潔な場所に落ち着きを感じる人は多いのではないだろうか。日本の商業施設や宿泊施設、飲食店は清潔さを非常に重視しているが、中国人からすると「度を超えている」と感じられることもあるようだ。中国メディアの快資迅は7日、中国人から見ると「日本人のきれい好きは度を超えている」と指摘する記事を掲載した。記事は、中国人の多くは日本人に対して「きれい好きという印象を抱いている」とし、近年増加している訪日中国人観光客もそれを感じるという。なぜなら、日本では人が多く集まる場所であってもゴミが放置されておらず、「日本人はその場を汚したままで立ち去らない」と驚き、中国人とは公衆衛生に対する考え方が異なると主張した。 news
2019/04/13 トランプ米大統領が5月下旬の来日に合わせて大相撲観戦を希望していることが12日、日本相撲協会関係者の話で分かった。協会側は夏場所千秋楽の26日に東京都墨田区の両国国技館正面升席を用意し、対応を検討している。 news
2019/04/12 米司法省は11日、内部告発サイト「ウィキリークス」創始者で英警察に同日逮捕されたジュリアン・アサンジ容疑者の起訴を発表した。米国はアサンジ容疑者の身柄引き渡しを要請しており、逮捕を受け、本格的な引き渡し手続きに入るとみられる。 news
2019/04/11 日本の朝鮮半島統治下の1919年に、中国上海で独立運動家らによる「大韓民国臨時政府」が設立されてから11日で100年となる。この日を建国の日とみなす韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、記念日を式典で大々的に祝うはずだったが、ワシントンで同日行われる米韓首脳会談のため10日、米国に向け出発した。 news
2019/04/09 「『令』の字を見て、上司の顔が浮かびませんでしたか。『令』を漢和辞典で引くと、最初に出てくるのは“命令”。おきてや言いつけの意味。後に“よい”という意味が出てくる」「皇太子殿下は、『令旨』という言葉をご存じだろうと思います。皇太子の命令という意味で、天皇の意を受けた命令文書は『綸旨』。だから、『令』は天皇にふさわしくないのです」 こうした意見を聴くと、最初から結論ありきで1日の発表まで進んだという印象がぬぐえない。実際、閣僚の一人は、こう明かす。「令和が本命なのは、わかっていた。全閣僚会議で示した資料で令和は左端、英弘が右端です。英弘は、ひでひろなど名前として使われているので“落選”は誰の目にも明らか。令和で官邸はいきたいのだろうと容易に想像できた。11時半には発表で、論議している時間もない。最後は安倍首相一任となることはわかっている。結局、暗黙の了解で、令和で流れていった」 懇談会のメンバーの中にも、意見を聴くと言いつつ単なるお飾りだと感じた有識者もいたようだ。 新元号発表直後の1日に、テレビのインタビューに冗舌に答えていた安倍首相。新元号のスクープが一切なかったのは、周到な準備をしていたからだという。官邸関係者は語る。「衆参議長、副議長がとりわけマスコミのターゲットとなっていたようですが、『陛下のご署名がないときに、元号が明らかになっては』と、それとなくプレッシャーをかけていた。やはり陛下のご署名がないと、元号にはなりません。そこが今回のポイントだったと思います。これまでは、陛下が崩御されての改元でしたからね。それを踏まえて、官邸はあらゆる事態を想定。もしどこかがスクープすれば、それを消すために六つの元号案すべてに首相談話を用意していた」  共同通信社の世論調査によれば、「令和」に「好感が持てる」が73・7%、「好感が持てない」は15・7%。内閣支持率は前回より一気に9・5ポイントも上がり、52・8%になった。慶応大学名誉教授(憲法学者)の小林節氏はこう話す。 news
2019/04/08 トルコの最大都市イスタンブールのハブ(拠点)だったアタチュルク国際空港から、新国際空港への全面移転作業が6日、完了した。地元メディアが伝えた。昨年10月に部分開港した新空港はエルドアン大統領が力を入れる巨大事業で、完成すれば「世界最大になる」と政府はうたっている。アタチュルク空港での商業便の運航は6日に終了した。トルコ航空が運航する成田発着の定期便も新空港に移る。移転作業は5日未明に始まり、トラブルはなかったという。新空港への全面移転は当初、昨年10月の予定だったが、延期が繰り返されてきた。 news
2019/04/07 フランス皇帝ナポレオン・ボナパルト(Napoleon Bonaparte)が妻ジョゼフィーヌ(Josephine de Beauharnais)に宛てたラブレター3通が4日、競売に掛けられ、計51万3000ユーロ(約6400万円)で落札された。競売会社ドゥルオ(Drouot)が発表した。1796~1804年の間に書かれたものだという。 ナポレオンは1796年のイタリア遠征中に書いた1通で、「いとしい君から手紙が来ない、夫のことを忘れてしまうくらいだから、他にさぞ夢中になれることがあるんだろう。君の夫は多忙で疲れきっていても、君だけを思い、君だけを求めているというのに」とつづっている。 この他、競売会社アデル(Ader)とアギュット(Aguttes)も歴史をテーマにしたオークションを実施。ナチス・ドイツ(Nazi)が第2次世界大戦(World War II)中に用いた暗号機「エニグマ(Enigma)」が、4万8100ユーロ(約600万円)で落札された。
2019/04/07 平安時代の文芸の美的理念の一つ。自然・人生に触れて起こるしみじみした内省的で繊細な情趣。あらわな表現を避けて、洗練された繊細さを重んじる。江戸時代、国学者本居宣長(もとおりのりなが)がその著『源氏物語玉の小櫛(おぐし)』で、『源氏物語』の本質は「もののあはれ」であると唱えたのに始まる。
2019/04/07 】朝鮮中央通信は6日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が日本海に面する江原道元山で建設中の「元山葛麻海岸観光地区」で現地指導したと報じた。正恩氏は、今年10月10日の党創建記念日までとしていた完成時期について、来年4月15日の故金日成主席の誕生日までに延期することを指示した。
2019/04/07 フランスのルドリアン外相は6日、メイ英首相が欧州連合(EU)離脱の期日の再延期を求め、混迷が続いていることについて「この状況はいいかげんに終わらせるべきだ。EUはいつまでも英国の政治に振り回されるわけにはいかない」といらだちを示した。先進7カ国(G7)外相会合終了後の記者会見で述べた。
2019/04/06 中国・四川省(Sichuan)涼山イ族自治州(Liangshan Yi Autonomous Prefecture)木里県(Muli)で3月30日、山火事が発生し、翌31日午後になって風向きが変化したことで燃え広がり、消防隊員27人と自治体幹部3人の計30人が死亡した。

トップページに戻る

岩田 雅プロフィール

近影

佐渡市(旧金井町)出身
1946年生まれ
(東京都世田谷区在住)
元通信社論説委員
2010年日本ペンクラブ会員

国際評論集

  • 第1弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく」(2010年)
  • 第2弾「鬼太鼓の鬼 アジアをゆく」
  • 第3弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく―女王のいる共和国」
    (2011年)
  • 第4弾「時代を歩く―評伝。
    本間雅晴のころ」
    (2012年)
  • 第5弾「時代と生きる-
    みやこの西北・早稲田の杜」
    (2013年)
フェイスブック

↑ページの先頭へ戻る