バックナンバー

2018/09/19 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は19日午前、18日に続いて平壌で会談し、「平壌共同宣言」に署名した。 また、韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官と北朝鮮の努光鉄(ノ・グァンチョル)人民武力相(国防相に相当)は「歴史的な板門店宣言の履行のための軍事分野合意書」に署名した。 news
2018/09/16 ポンペオ米国務長官は14日、ワシントンの国務省で記者会見し、退官後のケリー元国務長官とイランのザリフ外相との会談を「見苦しく、前例がない」と強く批判した。トランプ大統領も13日のツイートで、イランへの圧力を強める自身の政策を「損なう」と指摘。「ケリー氏は非常に敵対的なイランと違法な会談を行った」と不快感を示した。 ケリー氏はイラン核合意をめぐる交渉を指揮し、ザリフ氏と友好関係を築いた経緯がある。12日の米メディアとのインタビューで、2017年1月の退官後もザリフ氏に「3、4度会った」と認めていた。インタビューでケリー氏は、ザリフ外相に対トランプ政権対策を指南したか聞かれたが「それは私の仕事ではない」と否定している。しかし、トランプ氏はツイートで、ケリー氏が、イラン核合意を離脱したトランプ政権が終わるまでやり過ごすようアドバイスしたと主張。ポンペオ氏も会見で、ケリー氏の行動は「米国の外交政策に一致しておらず、不適切を通り越している」と非難した。  もっと見る news
2018/09/16 ジャーナリストの田原総一朗氏は15日、連続3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)と石破茂元幹事長の一騎打ちとなった自民党総裁選(20日投開票)をめぐり、「はじめから結果が出ている。安倍さんに決まっている」と述べ、安倍首相の勝利を予想した。群馬県太田市で行われた山本一太参院議員主催の会合で発言した。 田原氏は、安倍首相が各国の首脳と緊密な関係を構築していることに触れ、米国のトランプ大統領らと「自由に話せるのは安倍さんしかいない」とし、外交成果が一定の支持率につながっていると分析した。対抗馬の石破氏については「党内で嫌われると思ったのか、遠慮しっぱなしだ」と突き放した。田原氏は、安倍首相が3選を決めた場合、経済政策、外交と「ポスト安倍」が課題になると強調。自民党の歴代総裁は、後継者を育成してきたとし、田原氏は「僕のなかでは、(ポスト安倍候補は)2人いる」と述べるも、具体名は明かさなかった。安倍首相が意欲を示している憲法9条への自衛隊明記を含む改憲について、山本氏から見解を問われた田原氏は「問題は安倍さんがどこまで本気か。国民投票で国民がもし、賛成しなかったら、安倍内閣崩壊だ。どれだけ国民を賛成にもっていけるか」と語った。その上で田原氏は、「本当に安倍さんは3選されて、本気で(憲法改正を)やらないといけない」と強調した。 もっと見る news
2018/09/15 台湾外交部(外務省)は14日、台北駐大阪経済文化弁事処(領事館に相当)の蘇啓誠(そ・けいせい)代表(61)が同日早朝、大阪府内で自殺したことを明らかにした。同弁事処などに対しては、今月4日の台風21号の影響で関西国際空港に多数の旅行客が取り残された問題を受け、台湾人旅行客に対する支援が不十分だとして台湾の世論から批判が相次いでいた。台湾メディアは、蘇氏がこれを苦にしたのではないかと報じている。 蘇代表は外交官出身。今年7月、那覇の代表から大阪に異動したばかりだった。台湾当局の発表によると、台風当時、関西国際空港には458人の台湾人が取り残された。一方、このころ中国紙「環球時報」(6日付電子版)が「中国の駐大阪総領事館が専用バス15台を関西国際空港に派遣し、中国人観光客約750人を優先的に救出した」などと報じたことから、台湾側との対応の違いを批判する声が上がっていた。だが、台湾メディアがこの環球時報の報道を検証したところ事実と異なることが判明。8日ごろには「日本政府は当時、空港に外部の車両の進入を禁止していた」「虚偽だった」と伝えた。台北駐日経済文化代表処(東京都、大使館に相当)の謝長廷代表も6日、自身のフェイスブックで、中国人を含むすべての空港利用客は、空港側が用意した交通手段で移動した、と説明した。だが批判は収まらず、台湾メディアは「大阪弁事処に電話をしたが対応が冷たかった」などの台湾人客の証言を繰り返し報道した。政界でも野党・国民党の批判にとどまらず、与党・民進党の立法委員(国会議員)からも大阪弁事処の責任を追及する声が出ていた。  在日台湾代表機関は、6日発生した北海道地震でも、道内滞在中の台湾人への対応に追われた。台湾から日本へは昨年、中国、韓国に次いで多い456万人が観光などで訪れる一方で日本の出先機関の職員数は少なく、災害時の対応が課題となっている。 被害情報、日本人以上に得にくく  関空では台風が直撃した4日午後、地下の高圧電気室が浸水して第1ターミナル(T1)内で大規模停電し、館内アナウンスができなくなった。携帯電話の電波やデータ通信、公衆無線LAN(Wi-Fi)などもつながりにくくなり、空港に取り残された多くの外国人利用客は途方に暮れた。  被害情報や復旧の見通しの情報は、日本人以上に得にくかったとみられる。翌5日早朝からは、取り残された利用客を神戸に送り出す船の臨時便が運航されたが、船に乗るための整理券をどこでもらえるか分からず混乱した旅行者の姿も。日本語と英語の案内を数カ所に掲示し、職員も巡回して口頭で伝えたが、理解できない旅行者も少なくなく、長蛇の列が深夜まで続いた。空港を運営する関西エアポートが配った非常食の分量に怒る外国人もいた。【蒲原明佳】 もっと見る news
2018/09/15 韓国と北朝鮮は14日、平壌で18日から3日間の日程で予定されている南北首脳会談に備え、板門店で実務協議を行い、文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の対面や主要日程を生中継することで合意した。文大統領は18日、空路で平壌に直行する。韓国大統領府当局者は記者団に対し、「日程の大枠で合意したと理解している。首脳会談の準備委員会が適切な時期に発表する」と説明した。4月27日の初会談の際は、前日の26日に詳細な日程が公表されており、今回も前日に発表される可能性が高い。実務協議ではまた、韓国側が南北首脳会談の先遣隊を16日に陸路で北朝鮮に派遣することで合意した。先遣隊には、報道や警護、儀典、技術分野の関係者のほか、代表取材団も含まれるという。4月に板門店で行われた両首脳の初会談でも、主要日程は生中継で放映された news
2018/09/14 ロシアのプーチン大統領は12日、安倍晋三首相に対し、両国が年内に平和条約を締結することを呼び掛ける予想外の提案を行った。同大統領はウラジオストクで開催された東方経済フォーラムで、安倍首相も登壇していたステージで聴衆に向けて、「われわれは70年にわたり交渉してきた。安倍首相は、アプローチを変えようではないかと提案してきた」とし、「私の考えはこうだ。平和条約を、今ではないが今年が終わる前に、前提条件を付けずに締結しよう」と語った。同条約が、ロシアと日本が対立を解消する方法を引き続き協議する土台になるだろうとプーチン大統領は述べた。安倍首相は直ちには応答しなかったが、聴衆は喝さいした。プーチン大統領の提案を日本政府は歓迎しない可能性がある。両国間には日本が北方領土と呼ぶ4島の主権を巡る対立があるためだ。これが解決しないことが、第2次世界大戦後の終了後も両国間の平和条約締結を妨げてきた。 news
2018/09/13 ロシアのプーチン大統領は12日、安倍晋三首相に対し、両国が年内に平和条約を締結することを呼び掛ける予想外の提案を行った。 同大統領はウラジオストクで開催された東方経済フォーラムで、安倍首相も登壇していたステージで聴衆に向けて、「われわれは70年にわたり交渉してきた。安倍首相は、アプローチを変えようではないかと提案してきた」とし、「私の考えはこうだ。平和条約を、今ではないが今年が終わる前に、前提条件を付けずに締結しよう」と語った。 news
2018/09/12 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領に2回目の首脳会談を提案した背景には、朝鮮戦争の終戦宣言採択に向け、トランプ大統領を直接説得したいという思惑があるとみられる。正恩氏は来週の次回南北首脳会談で文在寅韓国大統領の側面支援も得て、トランプ氏への働き掛けを強めていく見通しだ。 news
2018/09/12 北輝次郎(本名)は明治16年4月3日に佐渡の湊町の旧家の長男として生まれた。18歳の時、県立佐渡中学を中退した。すでにこの頃から「明星」や「佐渡新聞」等に論文を投稿し佐渡では若手論客としてその名をしらしめていた。この時代に書いた論文の中の 『鉄幹と晶子』 『日本国の将来と日露の開戦』 『咄、非開戦を云う者』 『社会主義の啓蒙運動』 『革命の歌』 は北を知る上で重要な論文である。 news
2018/09/11 北海道南西部を震源とする地震で、最後の行方不明者だった男性が10日未明、土砂崩れが起きた厚真あつま町で見つかり、道内の行方不明者は全員、発見された。男性は死亡が確認され、警察庁などによると、地震による死者は41人となった。このほかに札幌市で3人が死亡しており、地震との関連を調べている。  北海道によると、今回の地震による負傷者は675人。道内49か所の避難所には、1989人が身を寄せている。余震とみられる地震は11日午前0時現在、170回発生。気象庁は「震度3以上の揺れが毎日続いており、警戒を緩めないでほしい」としている。道内の停電がほぼ解消されたことに伴い、臨時休校していた道内の公立学校1752校のうち約9割の1570校は10日、授業を再開した。農林水産省によると、道内に39か所ある乳業工場も10日までに全てが再稼働した。 news
2018/09/11 トランプ米大統領は9日、北朝鮮が同日の軍事パレードで大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの核戦力を誇示しなかったことについて、ツイッターで「とても前向きな意思表示だ。金委員長よ、ありがとう」と評価した。トランプ氏はツイートで、軍事色を薄めたパレードの狙いについて「専門家は『トランプに非核化の決意を示すため』と考えている」と指摘。金正恩朝鮮労働党委員長との関係に関し、「互いに好意を抱く二人の対話に勝るものはない。私が就任する前に比べはるかに良くなった」と親密ぶりをアピールした。6月の米朝首脳会談で北朝鮮が約束した非核化をめぐっては、その後北朝鮮側から具体的な行動が示されず、専門家からは正恩氏の非核化の意志をいぶかる声が出ていた。トランプ氏はツイートで「われわれは、皆が間違っていることを証明することになるだろう」と述べ、正恩氏と共に非核化を実現する意志を強調した。       1 3 news
2018/09/10 米国務省当局者は8日、イスラエルが占領する東エルサレムにあるパレスチナ人向けの病院に対する約2500万ドル(約27億円)の支援を中止することを明らかにした。優先順位の高い別の事業に振り向けられるという。米国は「パレスチナが(イスラエルと)交渉するまで支援金を支払わない」(トランプ大統領)との方針。米国の和平仲介に応じるようパレスチナ指導部への圧力をさらに強めた形だ。 news
2018/09/10  沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先となる名護市の市議選(定数26)は9日、投開票された。移設を進める政府・与党の支援を受け2月に初当選した渡具知(とぐち)武豊(たけとよ)市長派と、移設に反対する反市長派がそれぞれ13議席を獲得し、同数となった。 反市長派は改選前より議席を減らしており、同市辺野古への移設の是非が焦点となる県知事選(13日告示、30日投開票)にも影響が出そうだ。 news
2018/09/09  気象庁は8日、東京の硫黄島で火山性地震が増加し、同日午前2時ごろから午後9時までに566回観測したと発表した。噴火する可能性がある。沿岸での小規模な海底噴火にも注意が必要。1日の地震回数が500回を超えたのは2012年4月27日以来。硫黄島は現在、海上、航空両自衛隊の基地があり、民間人の上陸は制限されている。 news
2018/09/07 北一輝といえば、一般には二・二六事件を煽動した狂信的なファシストぐらいにしか思われていないだろう。しかし私は、彼は近代日本のもっとも重要な思想家の一人であり、現代にも深い影響を与えているという点では、ほとんど福沢諭吉に匹敵すると思う。彼の伝記の決定版は、松本健一『評伝北一輝』だが、本書もコンパクトな入門書としてよくまとまっている(1985年初版の本の文庫による再刊)。 著者も指摘するように、北の基本思想は昭和期の右翼のような超国家主義ではなく、むしろマルクスに近い社会主義である。それが国体に反するがゆえに、彼は天皇を前面に出したが、実質的には天皇機関説に近い立場をとっている。彼は明治維新を、天皇という傀儡を立てた「社会主義革命」だと規定し、来るべき革命はそれを完成させる第二の革命だと考えていた。 彼が1920年に書いた革命構想、『日本改造法案大綱』はウェブサイトで全文が読めるが、華族制の廃止、普通選挙、言論の自由、農地改革、労働8時間制、義務教育制、基本的人権の擁護など、戦後改革を先取りするような項目が含まれている。事実、社会主義者の多かったGHQ民政局は、戦後改革を立案するにあたって『改造法案』を参考にしたといわれる。 北の基本思想は、今風にいえば、列強が力によって全世界に押しつけようとしたグローバルな市場原理主義を「道義を忘れ利潤を追求する資本家のエゴイズム」として否定し、さらに高次の個人と社会を止揚した共同体国家を建設しようとするものだった。したがって100万円以上の私有財産は国家が没収し、絶対的な平等社会を実現しようとした。こうした救貧思想は、当時の疲弊した農村から出てきた青年将校の心をとらえた。しかし彼が幸徳秋水などと違ったのは、この革命を天皇の権威を梃子にしたクーデタとして実行しようと考えた点だった。さらに帝国主義が領土拡大のために互いに激しく争っている時代に、それを座視することは自国を侵略される結果になるとし、対外的膨張主義を主張した。これは単なる植民地主義ではなく、宋教仁(孫文のライバル)などの「支那革命」と連携して、西洋文明に対抗する東洋的共和政を実現しようとするものだった。こうみると、北の思想は(そうとは意識されないで)今日の日本にも受け継がれていることがわかる。北を「思想的先達」と仰いだ岸信介は、満州国で計画経済によって「五族協和」の理想を実現しようとし、それを雛形として戦後日本で官僚主導の産業政策を進めた。その影響は、いまだに霞ヶ関に色濃く残っている。利潤を求める企業や私利私欲で動く政治家を排し、選ばれたエリート(北の場合は軍人)が国家を統治しようという北の「賢人政治」の理想は、現在の官僚のエートスとそう違わない。そして北の社会主義思想は、戦後も社会党やそれに随伴する朝日=岩波文化人に受け継がれる一方、国家を個人より上位に置く北の思想は「ゴーマニズム」に戯画化される右翼文化人に受け継がれている。彼らは、思想的に正反対のようでいて、ともに日本近代の病である家父長主義の域を一歩も出ていないのである。.   news
2018/09/07 答えは石橋恒喜『昭和の叛乱 下巻』高木書房、1974、P.182にあった。東京日日帰記者、三原信一が憲兵将校に頼んで尋問中の北を呼び出してもらい写真部員に撮影させたもの。この著作以外にこの写真について正しく言及したものはないと思う。 news
2018/09/07 1936年2月26日未明,皇道派青年将校22名が下士官・兵1400名余を率いて起こしたクーデタ事件。皇道派青年将校は北一輝に接近,昭和維新の実現をはかり,武力による国家改造を計画,真崎甚三郎教育総監罷免,相沢事件など統制派の台頭に反発し皇道派の拠点であった第1師団の満州派遣を機に蜂起(ほうき)を決意。斎藤実内大臣,高橋是清蔵相,渡辺錠太郎教育総監を射殺し,鈴木貫太郎侍従長に重傷を負わせ,陸軍省,参謀本部,国会,首相官邸などを占拠,陸軍首脳に国家改造の断行を要請した。陸軍首脳は戒厳令をしいたが,海軍,財界がクーデタに反対であるのをみて弾圧に転換,反乱軍の規定も〈決起〉〈占拠〉〈騒擾〉〈叛乱〉と四転。29日反乱軍を鎮圧。首謀者や理論的指導者の北一輝らを死刑,皇道派関係者を大量に処分,統制派が実権を掌握。岡田啓介内閣は倒れ,軍の政治的発言権が強化された。 news
2018/09/07 血盟団事件における井上日召、五・一五事件における大川周明、そして二・二六事件における北一輝の役割や彼ら(民間右翼団愛)の横のつながりを知ることで、より立体的に時代の背景が見えてくるのではないでしょうか。二・二六事件の結果、銃殺刑となった青年将校たちはその直前に「天皇陛下万歳」「大日本皇国万歳」と三唱したといわれますが、同じ運命を辿った北一輝は完全に神仏の世界に没頭し、ただただ静かに死を受け入れました。 一方で北が獄中で詠んだ句に「若殿に兜とられて負け戦」というものがあります。"若殿"とは昭和天皇のことに他ならず、こうした句の中に北一輝という人間の凄みが垣間見れるような気がしてなりません。     news
2018/09/07 『昭和史発掘』は1964年7月から71年4月にわたって『週刊文春』に連載されていたが、その連載がもうすぐ終わろうとしていた70年11月に、三島由紀夫と「楯の会」の青年数名が自衛隊基地に乱入して割腹自殺するという事件が起こった。『昭和史発掘』は後に全12巻の本としてまとめられたが、その内の7巻分が二・二六事件の叙述に占められていた。その二・二六事件について執筆中に三島事件が起きたのである。松本清張は事件後すぐに朝日新聞に一文を寄稿して、この事件の檄文が二・二六事件関係の文書と似ていると述べた。松本清張には、二・二六事件そのものについてはほぼ書き尽くしたが、その事件の背景にあったとされる北一輝の思想については解明できていないという思いがあったと思われる。さらには、北一輝の思想を根底的に解明し、さらに解体しておかなければ、三島事件のような事件が再び起きて、実際にクーデターに発展するような事態になるかも知れない、という危機意識もあったと推測される。その危機意識から書かれたのが、76年に上梓された『北一輝論』であった。この著作は73年に発表した「北一輝における『君主制』」を補筆改稿したものである。また、それよりも前の72年5月には、清張は戯曲「日本改造法案―北一輝の死―」を発表していた。この『北一輝論』は本格的な論文によって構成された著作であったが、実は思想史の専門家や北一輝の研究家などの間ではすこぶる評判の悪い著作なのである。その評判の悪さは、清張の著作にあっては極めて珍しいと言える。ある専門家は、「松本のこの本は北研究史上の珍本といってよく、北に対する無知というしかないいいがりにみている」とまで言っている。残念ながら、たしかに『北一輝論』は清張の著作の中にあっては珍しく不出来な著作なのである。何故なのか。それは、清張が北一輝の著作を言わば成心(せいしん)、先入観を持って読んでいるからである。では、それはどういう読みだったのだろうか。まず、北一輝の思想の特徴について次に簡単に見てみたい。 news
2018/09/07 7日午前6時40分頃、福岡市東区箱崎6、九州大学箱崎キャンパスで、「爆発音がして煙が出ている」と119番があった。現場は同キャンパスの文系地区にある3階建てで、市消防局によると、1階の焼け跡から1人の遺体が見つかった。午前7時45分頃、火勢は収まったという。 news

トップページに戻る

岩田 雅プロフィール

近影

佐渡市(旧金井町)出身
1946年生まれ
(東京都世田谷区在住)
元通信社論説委員
2010年日本ペンクラブ会員

国際評論集

  • 第1弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく」(2010年)
  • 第2弾「鬼太鼓の鬼 アジアをゆく」
  • 第3弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく―女王のいる共和国」
    (2011年)
  • 第4弾「時代を歩く―評伝。
    本間雅晴のころ」
    (2012年)
  • 第5弾「時代と生きる-
    みやこの西北・早稲田の杜」
    (2013年)
フェイスブック

↑ページの先頭へ戻る