おんでこ鬼の目 鬼のにらみ

2018/08/19 沖縄県知事選(9月30日投開票)で、自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(58)(沖縄3区)は18日、翁長氏を支援してきた団体から出馬の意向確認を受けたことを明らかにした。 関係者によると、翁長氏は8日に死去する前、後継として、県内小売り・建設業大手「金秀かねひでグループ」の呉屋守将会長(69)と玉城氏の名前を挙げた音声を残していたという。玉城氏は、団体側から翁長氏の意向を伝えられたが、豊見城市内で記者団に「今の段階では出馬の意思はない」と語った。呉屋氏も18日、読売新聞などの取材に「私にできる最大のことは、次の県政を支えることだ」と述べ、出馬しない意向を示した。 news
2018/08/19 シンガポール紙ストレーツ・タイムズ電子版は18日、中国の習近平国家主席が9月に北朝鮮を訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長から招待を受けた9月9日の北朝鮮建国70年を祝う式典に出席する方向で最終調整中だと報じた。中国は朝鮮半島の非核化に向け、北朝鮮の後ろ盾として積極的に関わる構えで、緊密な関係をアピールする狙いがある。中国国家主席の訪朝が実現すれば2005年の胡錦濤氏以来となる。習氏は今年に入り、3度にわたって中国を訪れた金氏と会談、両国は関係を急速に改善させている。北朝鮮は今月11日から外国人の団体観光客受け入れを中止すると通知していた。 news
2018/08/19  海上保安庁によると、尖閣諸島(沖縄県)の魚釣島西方の海域で18日午前7時現在、約120隻の中国漁船が集まっているのを同庁の巡視船と航空機が確認した。一部は接続水域に入ったが、領海に侵入した漁船はないという。中国が独自に設けている禁漁期が16日に終わったのを受けたものとみられるが、近年は禁漁期終了直後は200~300隻の漁船が集まっており、今年は比較的少ないという。中国当局が尖閣諸島周辺での漁を控えるよう、漁民らに通知したことが影響したとみられる。 news
2018/08/19 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ、電子版)は17日、貿易摩擦解消に向けてトランプ米大統領と習近平中国国家主席が11月に会談する可能性があると報じた。米中両国は来週、次官級貿易協議を開く見通し。米中間で制裁関税の応酬が激しさを増す中、協議では首脳会談を視野に入れて事態打開に向けた道筋を議論するとみられる。米中貿易協議の開催は6月初旬以来。今回は閣僚級協議に向けた地ならしとみられ、王受文商務次官率いる中国交渉団が訪米してマルパス米財務次官(国際問題担当)らと話し合う。WSJ紙によれば、米中両国は「首脳会談の開催を前提に対立解消に向けたロードマップ(行程表)を策定している」という。 同紙は、中国政府に近い筋の話として、習主席が側近に対して対米関係を早急に安定化させるよう指示したと伝えた。両国は、11月にパプアニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議やアルゼンチンでの20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて会談する可能性を探っているとみられる。  news
2018/08/18  9月の自民党総裁選に立候補を表明した石破元幹事長は、憲法をテーマに政策発表し、安倍総理が意欲を見せる9条の改正について“緊急性が低い”と指摘しました。「総裁のお言葉の中に議論をいつまでもしても仕方がないというお言葉がありました。理解なき憲法改正を、なかんずく9条においてスケジュール感ありきでやるべきものだと私はそのように考えていません」(自民党 石破茂 元幹事長)石破氏は、安倍総理が党の改憲案を秋の臨時国会に提出するよう議論を促していることについて「いまは国民の理解がない。理解をして頂く最大限の努力をどれだけしたのか問いたい」と指摘しました。また、石破氏は安倍総理が意欲を見せる9条の改正について、“緊急性が低い”としたうえで、改憲を急ぐ項目として、参議院の「合区」の解消と緊急事態条項の新設をあげ、「国民や多くの政党の理解が得られるものからやっていくことも必要だ」と考えを示しました。( news
2018/08/18 米国防総省は16日発表の中国の軍事動向に関する年次報告書で、朝鮮半島有事の際には影響力確保のために中国が軍事介入する可能性があるとの見方を示した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を守る意思があるかどうかは不透明としている。 報告書は朝鮮半島で軍事衝突や危機が起こった場合、「中国指導部はさまざまな作戦行動を中国人民解放軍に命じる可能性がある」と指摘した。一方、中国国防省は17日、年次報告書に対し「中国の戦略の意図を曲解し、いわゆる中国の軍事的脅威を誇張している」とコメントした。断固反対の意向を米国に申し入れたという。 news
2018/08/17 11日から14日まで選挙区の山口県で夏休みを過ごし、15日から別荘のある山梨県に移った安倍首相。政界関係者が「おやっ」と思ったのが、12日、13日、14日と3日続けて神社に足を運び、熱心に参拝したことだ。さすがに神社3連発は異例だ。よほど神にすがりたい心境なのか。「やはり“地方票では負ける”と総裁選に不安を強めているのだろう」という見方が流れている。 安倍首相は12日、長門市内の「元乃隅稲成神社」を参拝。翌13日は下関市の「住吉神社」、さらに14日には宇部市内の「琴崎八幡宮」を参拝している。3日連続の神社参拝は、2012年の第2次安倍内閣発足以降、初めてのことだ。参拝した神社にも、それぞれ深い意味がある。元乃隅稲成神社の「成」は「成就」に由来するといい、さまざまな願いを成就する神社として有名だ。住吉神社には、勝ち戦の神様が祭られているという。琴崎八幡宮は「病気平癒」など、幅広い祈願を手掛けている。琴崎八幡宮を訪れた安倍首相は、「不動心」の3文字を色紙にしたためている。人間、自分に欠けているモノ、欲しているモノを願うものだ。 安倍首相の不安が、「健康」と「地方票」なのは間違いない。 ■歯科にかかるペースが激増  永田町では、歯科診療の多さが注目されている。6月に3回、7月にも3回通っている。しかも、7月23日は歯の治療に2時間もかけている。 「『潰瘍性大腸炎』という難病を抱える安倍首相は、ステロイドを服用しているといわれています。歯周病を引き起こすとされるステロイドの副作用で、歯茎がボロボロになっているのではと臆測を呼んでいるのです」(永田町関係者)  加えて安倍首相が気にかけているのは、地方票の行方のはずだ。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言う。 「世論調査では、安倍首相は“自民党支持層”から5~6割の支持を得ていますが、“自民党支持層”の全てが自民党員というわけではない。安倍首相は憲法改正などを争点にしていますが、地方が求めるのは“経済”です。アベノミクスの恩恵が薄い地方の党員にとっては、地方創生相を務めた石破議員の方が魅力的に映っても不思議ではありません。議員票も、安倍支持を決めた派閥が切り崩しにあっていると聞きます。安倍首相は圧勝できるかどうか、まだまだ不安は尽きないはずです」  15日、別荘のある山梨県鳴沢村に移った安倍首相は、森喜朗元首相、小泉純一郎元首相、麻生太郎財務相らと会食し、総裁選への対応について「さらに3年の任期に耐え得る気力、体力があるか見つめ直しながら判断したい」と語ったという。「健康不安」と「地方での不人気」に、本人は相当追い詰められているのではないか。 日刊ゲンダイDIGITAL 関連記事(外部サイト) 国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱 石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し 党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢” 首・目元のイボは簡単に取れる!海外でも話題のケア方法って? PR news
2018/08/17 トランプ米大統領は16日の閣議で、同日死去したソウル歌手アレサ・フランクリンさんについて「何百万もの人々に喜びをもたらし、その遺産は今後何世代にもわたって感銘を与え続けるだろう」と述べ、業績をたたえた。ツイッターでも「神から素晴らしい才能を与えられた偉大な女性だった」と死を悼んだ。オバマ前大統領夫妻も声明を出し「彼女が歌うたび、われわれは神を垣間見る光栄にあずかった。彼女は天に召されたが、その才能はこれからもわれわれを元気づけてくれる」と表明した。  news
2018/08/17 米ニューヨークの日本総領事館前で15日、在留邦人ら約10人が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を阻止しようと、安倍政権と相対してきた翁長雄志知事を追悼し、移設に反対するデモを行った。ニューヨーク在住の文筆業八巻由利子さん(61)=東京都出身=は「翁長氏は保守派だったのに移設反対の意思が強かった。最期まで闘った遺志を継ぎ、米国に暮らす日本人として頑張りたい」と語った。米在住の長島志津子さん=青森県十和田市出身=は、辺野古埋め立て承認の撤回をアピールする横断幕を手に参加した。 news
2018/08/17 南米ベネズエラのアレアサ外相は15日、岡田憲治大使を外務省に呼び、独裁色を強めるマドゥロ政権に民主化を呼び掛けた先の河野太郎外相の発言が内政干渉に当たるとして、厳重抗議した。 中南米歴訪中の河野氏は14日、ペルーのポポリシオ外相との会談後、「ベネズエラに広範な国民参加を得た民主主義を回復することを引き続き求めることで(ポポリシオ外相と)一致した」と強調した。アレアサ氏は抗議書簡で「河野外相の非友好的かつ敵対的な内政干渉行為は断固として拒絶する」と非難。日本側はベネズエラの国内情勢を理解していないと訴えた上で、「敵対ではなく、尊敬と協力の道に戻るよう求める」と伝えた。岡田大使は「(日本の)従来の立場を表明したものだ」と説明した。  news
2018/08/16 軍歌か鎮魂歌か[編集]大本営発表や出征兵士を送る際に使われた一方で、戦没者の遺骨を迎える際にも使われた経緯から、「軍歌」と認識する者と「鎮魂歌」と認識する者に分かれている。2016年から千葉県八千代市で年に1回開催されている「日本の心を歌う集い」では、第3回となる2018年3月3日に本曲が歌われる予定となり、それまで同イベントを後援してきた八千代市教育委員会は、一部の市民から「軍歌を歌うイベントの後援は好ましくない」との指摘を受け、第3回の後援は見送ることを決めた。同教委は主催者側に対しては「社会通念上、軍歌とされる『海行かば』が歌われる」「この歌を歌えば戦争賛美、戦死賛美を助長しかねない」といった理由を示し、産経新聞の取材に対しても「『海行かば』は作られた経緯から軍歌だと思っている」と説明した。一方、主催者側は「そもそも『海行かば』は軍歌ではなく鎮魂歌だ」「市教委は一方の市民の意見を代弁しており、公正中立とはいえない」と反発し、法的な対抗策を検討する構えも見せた。関東学院大学文学部教授の富岡幸一郎も「『海行かば』や本居宣長の和歌など、伝統的な文芸が戦意高揚に使われたことはあるが、本来は軍国主義と無関係」と述べている。なお、八千代市は第3回も後援を決めた[5]。 news
2018/08/16 海ゆかばの意味。 戦時中大本営発表の戦況報道の時に戦果が挙がれば軍艦マーチが戦果報道の前にテーマ曲として流れていましたが、玉砕して敗れた時の大本営発表の前に流れるテーマ曲は海行かばが演奏されていました。我々の年代の人間は海行かば悲しい時を思い起こさせる曲になっています。 去年今上陛下がサイパン島を慰霊に訪れ老人ホームを訪問された時そこの入居老人たちが陛下の前で全員が海行かばを合唱している映像がありましたが、陛下はどのような気持ちで聞かれたのでしょうか、サイパン島で生き残った老人たちは陛下と海行かばは切り離せない物ではないかと思いました。 good news
2018/08/16 お盆入りとともに、自民党総裁選は現職の安倍晋三首相と石破茂元幹事長による一騎打ちの構図が固まった。事前の多数派工作で、党所属国会議員の約8割を固めた首相の総裁3選が確定的で、「もう芝居は終わった」の声が広がる中、「唯一の見どころ」となるのが、国民的人気を誇る小泉進次郎筆頭副幹事長の対応だ。6年前の総裁選では石破氏を支持した小泉氏だが、今回は「最後までしっかり考える」と態度を明らかにしていない。ただ、「近未来の総理・総裁確実」とされる小泉氏が、趨勢が決まった総裁選でどう行動するかで「政治家・進次郎の真価が問われる」(自民長老)のも事実。"反安倍"に踏み切っての石破氏支持か、"大勢順応"で首相支持に回るのか、それとも最後まで沈黙を貫くのか。政界でも見方が大きく割れている。9月7日告示・20日投開票となる見通しの総裁選は、8月10日の石破氏の出馬表明に続いて首相も11日に出馬の決意を明確にしたことで、想定より早く決戦モードに突入した。このため、首相や石破氏にも相手を意識しての「尖った発言」が目立ち始めた。 news
2018/08/16 朝鮮中央通信は、北朝鮮の「日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委員会」が14日、日本統治時代の北部・咸鏡北道慶興(現羅先市先鋒)に旧日本軍の「慰安所」が存在していたことを確認したと伝えた。同委がまとめた報告書は「日本の過去の清算に関する責任を最後まで追及し、日本から受けた不幸と苦痛、被害への代価を100倍、1000倍にして受け取る」と多額の補償を要求している。 北朝鮮は、日本人拉致問題の解決を求める日本政府に対し「過去の清算」を繰り返し要求してきた。安倍晋三首相は6日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に「最後は私自身が金委員長と対話し、核、ミサイル、何より重要な拉致問題を解決し、新しい日朝関係を築いていかなければならない」と首脳会談を呼び掛けたばかりだ。慰安所の存在を持ち出し、安倍政権を揺さぶりたい狙いがあるとみられる。 同委は、現地に当時住んでいた日本人女性の「目撃証言」から慰安所の存在が判明したと主張している。現地調査も行い、報告書をまとめたという。  news
2018/08/16 韓国の文在寅大統領は15日、日本の植民地からの解放記念日である「光復節」の記念式典で演説し、日朝関係正常化に期待を表明、「仲介」に意欲を示した。9月に平壌で行われる金正恩朝鮮労働党委員長との南北首脳会談で、日朝関係についても論議するとみられる。 文氏は「安倍晋三首相と韓日関係を未来志向的に発展させ、朝鮮半島と北東アジアの平和繁栄のため、緊密に協力していくことにした」と述べ、「この協力は結局、北日(日朝)関係正常化へつながっていくだろう」という見通しを示した。 文氏に近い外交専門家は日朝関係について「拉致問題の解決を求める日本に対し、北朝鮮は『解決済み』という立場。このままではすれ違いが続き、スムーズな関係改善は望めない」と指摘。「文氏は韓国が日朝の間を取り持つことで、関係発展が促進されるとみており、米朝関係同様、仲介役を担おうとするだろう。南北首脳会談では当然、日朝関係も取り上げる」との見方を示した。 この日の演説では慰安婦など歴史問題には具体的に触れなかった。前日の「慰安婦の日」の演説で既に、「(慰安婦問題は)外交的な手法では解決できない」という持論を改めて強調。一方で、「日本との外交紛争も望まない」とのメッセージを明確に打ち出したためとみられる。 一方、文氏は「北朝鮮の完全な非核化履行、それに相応する米国の包括的措置が迅速に推進されるよう願う」と述べ、こう着状態にある米朝協議の打開に向け、歩み寄りを求めた。次回南北首脳会談では「朝鮮半島の完全な非核化とともに、(朝鮮戦争の)終戦宣言と平和協定へと向かうため、大胆な第一歩を踏み出す」とも表明。非核化措置履行や終戦宣言の採択に関し、正恩氏との直接対話で妥協点を探りたい考えだ。  news
2018/08/15 米国務省のナウアート報道官は14日の記者会見で、北朝鮮が求める朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言に関し、「われわれは平和体制(構築)を支持しているが、主要な焦点は朝鮮半島の非核化だ」と指摘した。終戦宣言よりも非核化の進展を優先する立場を改めて示した形だ。       もっと記事を見る news
2018/08/15 終戦から73年を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれ、参列者たちは不戦の誓いを新たにした。平成最後の追悼式。戦前、戦中世代の高齢化が進む中、悲惨な戦争体験をどう継承するかが課題となる。来年4月30日の退位を控える天皇陛下は、お言葉に「長きにわたる平和な歳月に思い」との文言を加え「反省」という言葉も4年連続で使った。安倍晋三首相は式辞で「戦争の惨禍を二度と繰り返さない」としながらアジア諸国への加害責任に触れなかった。式典には、全国の遺族約5千人や衆参両院議長らが参列。戦没者遺族も高齢化が進んでいる。 news
2018/08/15 南米エクアドルからの報道によると、首都キト近郊で14日未明、長距離路線バスが対向の乗用車と衝突し、双方の乗客計24人が死亡、約20人がけがをした。死者の国籍はエクアドルとコロンビア、ベネズエラで、在エクアドル日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。 コロンビアの会社が運行するバスは、コロンビア西部ネイバからキトに向かっていた。現場は事故が多い「死のカーブ」として知られ、バスは下り坂で制御を失い、家屋などにもぶつかり横転した。警察はブレーキ系統の故障の可能性もあるとみて調べている。 news
2018/08/15 ロンドン中心部の英議会議事堂ウェストミンスター宮殿のそばで14日朝(日本時間同日午後)、男が運転する車が歩行者をはね、防護柵に衝突した。警察はテロ容疑で男を拘束し、テロ事件として捜査に乗り出した。少なくとも3人の負傷者がいるが、命に別条はないもようだ。 在英日本大使館によると、日本人の被害情報は寄せられていない。メイ首相は官邸のツイッターを通じ「私の思いは事件の負傷者とともにある」との声明を発表。一方、トランプ米大統領は「またロンドンでテロだ。このけだものたちは狂っており、厳しさと強さをもって対処しなければならない」と投稿した。男は20代後半だが、詳細は明らかになっていない。警察は単独犯とみて、「これ以上の危険はない」と断定した。 news
2018/08/14 ロイター通信などによりますと、現地時間の13日午前4時ごろ、台湾北部・新北市にある病院の7階から火が出ました。火はおよそ1時間後に消し止められましたが、この火災により9人が死亡、16人が負傷し、そのうち10人が重体となっています。出火した7階は自由に体を動かしたり話したりすることが困難な患者の多いホスピス病棟で、消防士の話によりますと、当時、患者32人のほか、看護師や介護士ら43人がいたということです。当局が出火の原因を調べています。(13日16:46) news

岩田 雅プロフィール

近影

佐渡市(旧金井町)出身
1946年生まれ
(東京都世田谷区在住)
元通信社論説委員
2010年日本ペンクラブ会員

国際評論集

  • 第1弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく」(2010年)
  • 第2弾「鬼太鼓の鬼 アジアをゆく」
  • 第3弾「鬼太鼓の鬼 世界をゆく―女王のいる共和国」
    (2011年)
  • 第4弾「時代を歩く―評伝。
    本間雅晴のころ」
    (2012年)
  • 第5弾「時代と生きる-
    みやこの西北・早稲田の杜」
    (2013年)
フェイスブック

↑ページの先頭へ戻る